top of page

SEO・SEM・Web解析用語集

​検索エンジン

GoogleやYahoo!など、インターネット上にあるWebページ、Webサイト、画像、ニュースなどの情報を、検索キーワードによって収集し調べることができる。

オーガニック検索

自然検索ともいう。検索エンジンの検索結果のうち、リスティングによる広告枠を除いた部分のこと。

Google Adwords

Googleの検索エンジンを使った検索結果に表示することができるリスティング広告。

Yahoo! プロモーション広告
(YSS=Yahoo!スポンサードサーチ)

Yahoo! の検索エンジンを使った検索結果に表示することができるリスティング広告。

ビッグワード

そのワードの持つ意味の範囲が広いものを指す。検索ボリュームも大きく、リスティングでは入札単価が高騰しがち。スモールワードとの中間層にあたる、ミドルワードというものもある。

広告ランク

リスティングの広告ごとに設定されるランクのこと。ランクが高ければ高いほど、入札単価は安くなり、掲載順位は高くなる仕組みになっている。

エンハンスト/ユニファイドキャンペーン

スマートフォンやタブレットなど、マルチデバイス化した時代に合わせた配信手法。このキャンペーン適用により、デバイスの配信指定はできなくなった。Googleでは「エンハンストキャンペーン」、Yahoo!では「ユニファイドキャンペーン」と呼ぶ。

セッション

Webサイトを訪問したユーザーが、サイトを離脱するまでの一連の流れのこと。基本的にはPVよりも少なく、UUよりも多い。

LP(Landing Page)

リスティング広告や自然検索を経たユーザーが訪れるWebサイトのこと。Webマーケティングでは、一般的にCV獲得を目的とした1枚の縦長なWebページを指すことが多い。

​アルゴリズム

検索結果におけるオーガニック検索部分の掲載順位を決定するルールやロジックのこと。

SEM

リスティング広告やSEOなど、検索エンジン上で行うマーケティングの総称。SEM=リスティング広告ではない。

GDN
(Google Display Network)

Googleと提携するWebサイトやGmail、YouTubeなどの画面上に広告を表示できる。Google Adwordsと同じ管理画面から出稿が可能。

被リンク/バックリンク

あるWebページが他のWebページにURLリンクを貼られること。SEOで頻出するキーワード。

スモールワード

そのワードが持っている意味が限定的で、狭いものを指す。検索ボリュームが小さく、入札単価も比較的安価のため、獲得重視のマーケティングを行う際には押さえておきたいワード群。

TD(Title & Description)

検索結果に一覧で結果表示された時の、タイトルと説明文のこと。このTD部分のテキスト設定はSEO対策の一部でもあり、クリック率の改善が可能。リスティングにおいてもテキスト広告をTDと呼ぶこともある。

UU(Unique User)

ユニークユーザーの略称。Webサイトを訪問した人の重複のない人数のこと。1人が複数回同じWebサイトに訪問した場合でも、UU=1と数える。

リファラー

自社のWebサイトに訪れるきっかけとなった元のWebサイトのこと。Webマーケティングにおいて、ユーザーの行動パターンを知るための重要な要素。

LPO(Landing Page Optimization)

ランティングページ最適化のこと。現状よりもより高いコンバージョン率を目指し、LPを改善していくことを指す。

SEO
(Search EngineOptimization)

「サーチエンジン最適化」の略称。サーチエンジンの検索結果で上位表示するために、Webサイト内のコンテンツや構造を最適化する施策。

リスティング広告

検索結果の上部や下部、右側に表示されるテキスト広告のこと。PPC(pay per click)広告とも呼ばれる。GoogleとYahoo!の検索エンジンそれぞれに、独自のリスティング広告の配信プラットフォームを持つ。

YDN
(Yahoo! Display Network)

Yahoo! Newsや天気など、また主要提携サイト内のあらゆる場所に広告を配信できる。

検索クエリ

ユーザーが実際に検索するキーワードのこと。

品質スコア/品質インデックス

リスティングのキーワードごとに設定される評価のこと。1~10段階で評価される。Google Adwordsでは「品質スコア」、Yahoo! プロモーション広告(YSS=Yahoo!スポンサードサーチ)では「品質インデックス」という。

インプレッションシェア

広告が表示される可能性があった回数で、実際の表示回数を割った割合のこと。この割合が高いほど良い。

直帰率

Webサイトの訪問数のこと。通常、訪問者はサイト内の複数のページを閲覧することが多いため、訪問者数×閲覧ページ数という構成になっている。

離脱率

ユーザーが訪問したWebサイトのドメインを離れる割合のこと。複数ページを回遊してきてどこで離れてしまったのかを分析するためのもの。
PDCAを行う際には、例えば「購入フローのどこで離脱がおきているのか」などを見る。

CTA(Call To Action)

日本語でいう「行動喚起」。Webサイト上でユーザーに望む行動を促すためのもの。申込ボタンなどの色や形だけでも効果が変わるとされている。コンバージョン率を左右する重要な要素のひとつ。

bottom of page